父と娘

落ち着く環境

高齢化社会の日本は有料老人ホームの需要が伸びてきています。有料老人ホームの魅力は高級ホテルのような外観です。対応も良くホテルに居る感覚になります。サービスが整っているのです。

この記事の続きを読む

ケア

役割を知ろう

福祉車両の見た目は他の自動車とさほど異なることはありませんが、機能性は全く違います。車いすを乗降が出来るように板がついています。費用も何百万円とかかる高価な自動車です。

この記事の続きを読む

セキュリティー管理

活動

とにかく忙しく体を使う仕事である介護の世界ですが、ここで重要になるのがユニフォームです。動き辛い服装であれば仕事にも影響が出てしまいますし、それが事故へ繋がる可能性もありますから服装選びはしっかりする必要があります。

この記事の続きを読む

医者とIT設備
パソコン授業

利用のポイント

介護ソフトを利用するときには、ポイントを知っておくことで賢く利用することが出来ます。また、介護ソフトの選び方などを知っておくことで、目的や用途にあったソフトを見つけることが出来ます。

この記事の続きを読む

ソフトの導入

介護施設を立ち上げる際は福祉車両が必要不可欠です。機能性や価格をこのサイトでチェックして条件に合うものを見つけましょう。

パソコン

現在3千万人を超える65歳以上人口。国民の約4人に1人が65歳以上となり、今後も高齢化は加速度的に進んでいくと予想されています。医療や介護の需要が増加される見込みである一方、入居型の介護施設不足は深刻です。そこで、厚生労働省では地域包括ケアシステムを打ちだし、介護が必要な高齢者でも訪問介護などのサポートを使用して自宅で暮らしていけるような仕組みづくりに取り組んでいます。 訪問介護を行う事業所数は今後も増加していくことが見込まれますが、介護請求ソフトの導入は進んでいないのが現状です。これまでのパッケージ型介護請求ソフトでは初期費用の数十万円だけでなく高額の年間保守料がかかるものが多く、介護事業所の規模に見合っていなかったからです。 そこで現在主流となっているのがASP型ソフトです。初期費用が無料で国保連への請求機能だけであれば月額千円のものもあります。もちろん昨年から国保連への請求がインターネットで可能となったこともあり、国保連が提供する無料ソフトを利用する事業所も増えていくでしょう。

国保連から無料で提供されているソフトは介護報酬データを伝送するソフトと簡易入力ソフトです。いずれもコンピューターへのインストールが必要で、バージョンアップの度に対応が必要となります。 一方民間業者が提供しているASP型の介護請求ソフトであれば、インストールやアップデートの必要がありません。WEBブラウザを利用するので気軽に使えるのも魅力的です。 料金は初期費用だけでなく、保守費や月額使用料をすべて加味し、少なくとも3年間でどれくらいかかるのか試算した上で比較すべきです。事業所の規模にもよりますが、3年リース契約の方が割安になることもありますので注意が必要です。 また、2000年の介護保険制度導入から現在まで介護請求ソフトを提供するソフト会社の数は年々集約されてきています。小さなソフト会社の場合、制度改正に対応しきれず事業から撤退してしまうこともあり、その際これまで入力してきたデータをどのように移行するのかも大きな問題です。 事業所の今後の経営ビジョンによっては必要となる機能がないソフトもある可能性があります。介護請求ソフトの検討は数年後を見据えて行うべきということができます。