不動産投資に詳しくなる|目指せ!投資のエキスパート

不動産

セミナーが助かる

不動産

不動産投資の中でも比較的少額で参加できるマンション投資ですが、最低限の知識がなければリスクは高いでしょう。無料セミナーに参加して信頼できる企業を探せば、投資リスクを減らした安定収入を得るだけではなく、節税効果も期待できます。

外国人投資家も注目

不動産

外国人投資家が大阪の収益物件を買うときには3億円以上の予算が一般的であり、ネットなどで情報収集して賢く購入するケースが多いです。また円安で日本の不動産の割安感が強まっており、低金利でローンが利用しやすい点も外国人投資家には追い風です。

収入源が増える

これから投資を始めようという方!マンション投資セミナーの参加がおすすめですよ。さまざまな知識を取り入れることができるので人気です。

安定した収入を作ろう

不動産

毎月安定した収入を得たいと考えているのであれば上場不動産投資信託を複数銘柄保有することをお勧めします。上場不動産投資信託とは投資家から集めたお金と金融機関から調達したお金でマンションやオフィスビルなどを購入して運用する投資商品です。多くの投資家が参加しているため、リスクを共有することができ、自ら中古マンションを購入して運用するよりも小さなリスクでそこそこの収益を得ることができます。最近では分配金利回りが4%前後で安定しています。複数銘柄保有する理由は分散投資の目的もありますが、上場不動産投資信託は銘柄によって決算月が異なるからです。つまり、決算月が異なる銘柄を保有することによって分配金の支払い時期もずらせるのです。

とりあえず1銘柄を買ってみよう

上場不動産投資信託はほとんどの銘柄が1年に2度決算を行いますので、最低6銘柄を保有すれば、毎月いずれかの銘柄から分配金が支払われることになります。毎月分配金が支払われる形を作れば、あとはそれぞれの銘柄を買い増していけばよいのです。もちろん、他の銘柄を購入して分配金を増やしても構いません。上場不動産投資信託は多くの物件を抱えているため、分配金が全く入ってこないという可能性は実物の不動産に投資をするよりもはるかに低いと言えます。1銘柄は数十万円程度で購入することができますので、まずは気になった銘柄に投資をしてみましょう。そして定期的に送られてくる運用レポートやホームページで運用の状況を確認するとよいです。

アパートに投資する

不動産

不動産価格が上昇すると節税の問題が持ち上がります。節税のための投資物件としてアパートを選択することが身近にできる最適な方法です。アパートは比較的管理が簡単ですので誰でも取り組むことが出来ます。金融機関からの借り入れで投資資金を賄えばさらに節税効果が期待できます。